アルバイト・パートの方が初めてお金を借りる時に知っておく3つのポイント

 

 

アルバイト(パート)でもお金を借りることはできますか?

カードローン利用して、初めてお金を借りる時には、正社員でないとお金を借りることができないのか気になる人もいるでしょう。

 

カードローンは、正社員でなくても、アルバイトやパートで働いている場合でも、申し込むことが可能です。

 

カードローンを利用してお金を借りる時に必要なのは、安定した収入があるかどうかという点です。雇用形態が正社員でなくても、毎月安定した収入があれば、カードローン利用することが可能になります。

 

正社員とアルバイトやパートを比較した場合には、アルバイトやパートの方が収入が低い場合が多いため、借入限度額としては低くなってしまう可能性が大きいのは確かです。

 

アルバイトやパートの方もカードローン利用してお金を借りることは可能です。

 

審査の時に気をつけることは?

初めてカードローンの申込みを行い、お金を借りる時には、審査のことが気になるのではないでしょうか。カードローンを利用して、お金を借りるためには、申込みを行い審査に通過をしなければお金を借りることができません。

 

最近では、即日融資に対応しているカードローンが増えてきているため、申し込みを行ったその日のうちにお金を借りることも可能になっています。

 

カードローンの申し込みをする際に気を付ける必要があるのは、記入するすべての項目に対して、 嘘偽りなく正しい情報を記入することです。

 

また、入力する際には、間違いがないように注意して、記入するようにしましょう。カードローンの申込みの際には、アルバイトやパートの方でも在籍確認が行われます。

 

在籍確認とは、勤務先に連絡が入り、申込の際に記入した勤務先に勤めているかどうかの確認です。

 

在籍確認でカードローンを利用していることが職場の人に知られてしまうのではないかと心配している方もいるようですが、その点は大丈夫です。

 

在籍確認だと分かることのないように、普通の問い合わせの電話を装って確認をしてくれますので、心配する必要はありません。

 

初めてお金を借りる時は、いくらまで借りれますか?

初めてカードローンを利用する際には、いくらぐらい借りる事ができるのか気になると思います。アルバイトやパートの方の場合には、正社員と比べると収入が低いため、借入限度額は低くなってしまいます。

 

この点については仕方がありません。たとえ、大きな借入限度額が設定されたとしても、収入が少ないと返済に困ってしまいます。

 

アルバイトやパートの方が初めてカードローンを利用して、お金を借りる場合の借入限度額としては、10万円から30万円程度の場合が多いようです。

 

将来的にもう少し多くの金額を借りたいと思っているなら、最初は少額で借りることからスタートして、毎月滞りなく返済を行い、カードローン会社からの信頼を得ることで、借入限度額の増額が可能になります。

 

最初から大口融資をしてくれるカードローンというのは、無いと思っていた方がいいでしょう。