学生が初めてお金を借りる時に知っておく3つのポイント

 

 

学生でもカードローンでお金を借りることができますか?

学生の方もお金が必要になる機会は多いと思います。自由な時間が多い学生だからこそ、お金が必要な機会も多くなりますよね。

 

どうしてもお金が足りなくなってしまった時、学生でもお金を借りることができるのでしょうか。学生であってもカードローンを利用して、お金を借りることが可能です。

 

社会人ならお金を借りることができて、学生は借りることができないということはないのです。

 

学生がカードローンでお金を借りるには、2つの条件があります。

 

1つは二十歳以上であること。20歳以上の成人でないと、カードローンでお金を借りることはできません。もうひとつの条件は、毎月一定の収入があるということです。

 

学生の収入というのは、アルバイトでオッケーです。金額は関係ありません。

 

とにかく毎月きちんとした収入があって、20歳以上の学生は、カードローンを利用してお金を借りることができるんです。

 

こんな学生はお金を借りることができない!

ただし、すべての学生がお金を借りることができるというわけではありません。先ほど書いた2つの条件に当てはまっていない学生は、お金を借りることができないのです。

 

学生であっても、20歳になっていない学生であれば、お金を借りることはできません。

 

同じ大学生でも、18歳や19歳ではダメだということです。学生であれば、大学院生や専門学校の学生もお金を借りることができます。

 

また、20歳以上であるという条件なので、25歳の学生でも、30歳の学生でもお金を借りることは可能なのです。

 

先ほども書きましたが、アルバイトなどで収入を得ていない学生は、お金を借りることができません。仕送りしかもらっていなくて働いていないなら、カードローンを利用することはできません。

 

仕送りは、収入には入らないからです。

 

学生専用の学生ローンで借りた方がいいの?

学生専用のカードローンがあります。学生専用のカードローンを略して、学生ローンと呼ばれることもあります。

 

学生ローンは、学生専用のカードローンです。社会人になると利用できません。

 

学生時代に借りていた分を社会人になっても継続して返済することは可能なのですが、社会人になってから、新たに借りる事は出来なくなっています。

 

学生のうちは、学生ローンを利用した方が良いのでしょうか。

 

学生ローンの方が通常のカードローンよりも、学生という部分を理解して審査を行ってくれます。

 

アルバイトの収入しかないということも、当然、理解した上で審査を行ってくれるのです。その分、学生には学生ローンの方が利用しやすい部分が多くなっています。

 

ただし、学生ローンの利用限度額は、低く設定されています。

 

上限の10万円に設定されているところもあれば、30万円に設定されているところもあります。上限50万円だとかなり限度額が大きい学生ローンになります。

 

大手の消費者金融系のカードローンの場合、プロミスであれば借入限度額が500万円ですし、アコムであれば、借入限度額は800万円になっています。

 

大手のカードローンと比べると借入限度額が小さいのですが、利用しやすいローンなので 一般的なカードローン申し込みをして審査に通らないときには、学生ローンを利用してもいいと思います。

 

学生ローンの場合、全国展開してないところが多いです。

 

学生街の高田馬場に1店舗だけ店舗を持ってるようなところがあるのです。そんなカードローンであれば、東京在住の人しか利用できません。

 

また、返済に関しても大手のカードローンのようにコンビニATMや銀行ATMから振込をできるようなところは少なく、店舗に直接お金を持っていくか、銀行振込で返済する方法をとらないといけない場合もあります。

 

学生ローンはメリットがあり、デメリットもあるので、その辺りを十分考えて利用するようにしてください。

 

学生の方にお勧めはプロミスです。学生の方が多く利用しているカードローンですので安心して利用することができますよ。