中小企業経営者が初めてお金を借りる時に知っておく3つのポイント

 

 

会社としてお金を借りる?社長個人のお金を借りる?

経営者の最大の仕事は、資金繰りです。

 

企業のお金を血液に例える人もいます。血液と同じように、お金が回らないと倒産してしまうからです。

 

そのため急にお金が必要になった時には、何とかして準備をしないといけません。中小企業の経営者が最も低金利でお金を借りる事ができる方法は、銀行からの融資です。

 

銀行からの融資をすぐに引き出すことができればいいのですが、実際に申し込みをしてみると審査が厳しく、融資を受けるまでには、かなり長い時間が必要になってしまいます。

 

また審査に待たされた挙句、入試を受けることができない場合もあるのです。

 

スピーディーに資金調達をするには、ビジネスローンを使うのも有効な方法です。

 

また、法人としての借入ではなく、社長個人としての借り入れをし、その資金を会社に貸し付けることでお金を回すことも出来るのです。

 

どちらの場合も、保証人も担保の必要としないため、申し込みはしやすいのが特徴です。

 

また、最短の場合には、即日融資も可能になっているためギリギリの時にでも間に合うのがビジネスローンとカードローンの最大のメリットです。

 

この二つのローンのメリットを紹介します。

 

ビジネスローンでお金を借りる方法は?

ビジネスローンは、中小企業向けのローンです。銀行融資と比べると、借り入れできる金額は、少なくなってしまいます。それに銀行融資は、金利も高いです。

 

ただし、お金を借りるまでのスピードは、抜群に早くなっています。ビジネスローンの方が銀行融資よりも、短期間で借りることができます。最短では、即日融資も可能です。

 

ビジネスローンは、総量規制の対象外になっています。

 

ビジネスローンの申し込みをする際には、会社の事業状況を説明する書類と申込者の書類が必要になります。会社の事業状況を示す書類としては、事業計画書、決算書、登記簿謄本を準備する必要があります。

 

申込者の書類としては、本人確認書類と収入証明書類です。

 

ビジネスローンが個人で申し込むカードローンと違うのは、会社の状況を示す書類を提出する必要があるところです。

 

会社の信頼を本当にお金を貸してもらうため面倒ですが、会社の状況を示す書類も提出をしないといけないのです。

 

社長が借りるなら、銀行のカードローン!

会社としての借り入れではなく、社長自身が個人として、お金を借りる場合には、銀行のカードローンを利用することをお勧めします。

 

銀行のカードローンの方が、消費者金融のカードローンよりも、借入限度額が多く、金利が低いからです。

 

即日融資に対応しているカードローンもあるため、少しでも早くお金を借りたい場合には、カードローンを利用する方法が一番おすすめです。

 

カードローンの申し込みをする際に重視されるのは、個人の属性です。個人の年収や資産状況、借入状況などを判断して審査がされます。

 

過去に金融事故があるような場合には、カードローンの審査に通らない場合も考えられます。

 

銀行のカードローンには、色々な種類がありますが、現在、会社として取引のある銀行がある場合には、その銀行のカードローンを利用する方が取引実績等を考慮してくれる場合もあります。