個人事業主が初めてお金を借りる時に知っておく3つのポイント

 

 

個人事業主が低金利でお金を借りる方法は?

個人事業主が低金利でお金を借りる方法を探しているのなら、銀行から融資を受けることをお勧めします。

 

銀行から融資を受ける方が、カードローンでお金を借りるよりも低金利で利用できるのです。ただし、銀行から融資を受ける場合には、記入して提出する書類が多く、この作業が面倒だと感じてしまうかもしれません。

 

書類を提出してからも、審査時間が長いため実際にお金を借りることができるのが数ヶ月先になってしまう場合も多いのです。

 

まだ借りれるならいいのですが、数か月も審査で待たされて、最悪の場合は借りることができないということもあります。

 

銀行融資を受ける場合には、かなり時間が必要となる為、お金が足りなくなってから申し込みをするのでは遅すぎます。

 

資金計画を立てた時点で、数ヶ月先にお金が足りなくなりそうな場合の資金繰りとして、利用するなら金利が低いため非常に有効な手段だと言えます。

 

日本政策金融公庫を利用することは可能ですか?

個人事業主がお金を借りる方法としては、日本政策金融公庫からお金を借りる方法もあります。日本政策金融公庫とは、国が設立した金融機関で、中小企業家個人事業主などに融資することを目的としている期間です。

 

日本政策金融公庫を利用してお金を借りる場合には、インターネットから申し込みをすることができます。担保も必要ないので、申し込みはしやすい金融機関の一つです。

 

また、金利が非常に低いのも大きな特徴です。国の機関なので銀行で融資を受ける場合と同じように多くの書類を提出しないといけないのですが、審査 機関に関しては銀行よりもスピーディーに対応してもらいます。

 

ある程度お金が必要になるまで時間に余裕がある場合には、日本政策金融公庫からお金を借りるのも有効な方法です。

 

ビジネスローンでお金を借りる方法は?

個人事業主ビジネスローンを利用してお金を借りることもできます。ビジネスローンを利用する場合には、銀行融資日本政策金融公庫よりも、審査回答までの時間が短いため、急いでいる時にでも利用することができます。

 

また、条件次第ですが即日融資も可能になっています。担保や保証人も不要で申し込みができるため、カードローンに近いような感覚で申し込みをすることも可能です。

 

ビジネスローンは総量規制対象外になっていますので、経費として計上することもできます。審査に関しても、銀行や日本金融政策公庫よりも柔軟に対応してくれます。

 

また、金利に関しては少し高くなってしまいます。

 

今すぐ借りたいなら、カードローンが一番便利!

銀行融資、日本政策金融公庫、ビジネスローンに関しては、個人事業主としてお金を借りる方法になりますが、事業主としてではなく個人としてお金を借りるなら、カードローンを利用するという方法もあります。

 

カードローンに申し込む際の一番のメリットとしては、手軽なところです。

 

本人確認書類と収入証明書だけで申し込みができます。また、即日融資も可能になっていますので、資金調達に急いでいる時にもカードローンは役に立ちます。

 

ただ、金利は一番高くなってしまいますので、その点をよく考えて利用するようにしてください。カードローンの中では消費者金融のカードローンよりも、銀行のカードローンの方が金利が低くなっています。利用するなら銀行のカードローンがおすすめです

 

 

ここで紹介した銀行融資、日本政策金融公庫、ビジネスローン、カードローンはそれぞれ特徴があります。低金利で選ぶなら銀行融資ですが、スピードで選ぶならカードローンということになります。

 

あなたが一番優先する項目を考えて、どの手段を利用するのかを選択すればいいでしょう。