高齢者が初めてお金を借りる時に知っておく3つのポイント

 

 

高齢ですがお金を借りることはできますか?

定年退職をした後の60歳以上の高齢の方でも、カードローンを利用することが可能です。高齢の方の場合は、特に気になるのが年齢です。

 

各カードローン会社には、申し込み条件が設定されています。この設定された年齢が20歳以上65歳前後に設定されている場合が多いのです。

 

ですから、まず最初にこの年齢要件に当てはまっていないと、カードローンを利用することができません。

 

日本は高齢化社会になり、年配の方でも元気な人が多くなっているのですが、やはり高齢の方がにお金を貸すことは、カードローン会社からすると色々な不安があるのです。

 

若い人よりも亡くなるリスクも高いですし、完済してもらう前に入院をして働くことができなくなってしまうリスクもあります。

 

カードローン会社からすると、貸し倒れのリスクがあるため年齢を設定しているのです

 

カードローンは、何歳まで利用できるのかは、次の項目で詳しく説明させていただきます。

 

カードローンを利用するためには、年齢ともう1つ条件があります。

 

それは、毎月継続して一定の収入があるということです。アルバイトやパートに入っている方で毎月一定の収入がある方であれば、カードローンを利用してお金を借りることができるのです。

 

カードローンは何歳まで利用することができますか?

大手のカードローン会社は独自に申し込みができる年齢を設定しています。主要な消費者金融系のカードローン、銀行のカードローンの利用することができる年齢を一覧表にまとめていますので参考にしてください。

カードローンの種類

利用できる年齢

プロミス

69歳

アコム

69歳

新生銀行カードローンレイク

70歳

モビット

65歳

アイフル

69歳

みずほ銀行カードローン

66歳

三井住友銀行カードローン

65歳

バンクイック

64歳

楽天銀行カードローン

60歳

オリックス銀行カードローン

65歳

 

全体的な傾向は、銀行のカードローンの方が上限年齢が低く、60代の前半ぐらいに設定されています。一番年齢の低い楽天銀行カードローンの場合、60歳に設定してあります。

 

一方で消費者金融のカードローンの方が積極的に貸し出しを行っています。レイク場合は70歳ですし、プロミス、アコム、アイフルは69歳まで利用することができます。

 

最高年齢が70歳になっていますので、71歳以上の方は大手のカードローンは利用できません。

 

71歳以上で働くことができなくなり、生活が困窮してきた場合には、生活保護の受給も検討した方がいいでしょう。

 

何歳でも貸してくれるカードローンがあるんだけど大丈夫?

世の中にはいろいろなカードローンがあります。大手のカードローンの場合、利用できる年齢をきっちり定めていますが、何才まででも借り入れができるカードローンも存在します。

 

ただし、そのようなカードローンを利用する場合には、その業者のことをきちんと調べて、金利に関しても、法定金利を守っているかを確認することが必要です。

 

高齢者を騙そうとしている悪徳金融業者も存在するのです。何か怪しいと感じた場合には、そのような金融業者は決して利用しないようにしましょう。

 

特に高齢になってから、初めてお金を借りる方は、騙される可能性も高くなってしまうので注意してください。

 

このサイトに紹介しているカードローンでしたら、どのカードローンを利用しても安心して利用することができます。

 

特におすすめはプロミスです。多くの方が利用しているので、初めての方でも安心ですよ。