初めてお金を借りる時に知っておきたい総量規制のこと

 

 

総量規制って何ですか?

総量規制とは、2010年の貸金業法改正により施行された金融のルールです。

 

貸金業法の改正により、総量規制が実施された背景には多くの借金を抱えて、返済できなくなってしまう人が多く社会問題化していたことにあります。

 

お金を借りすぎたり、多重債務状態になってしまうことを防ぐために総量規制は実施されたのです。

 

利用者保護のためのルールが作られたのですが、そのおかげで貸金業者は貸付残高が減り、業界全体としては規模が縮小してしまいました。

 

総量規制とは、年収の1/3までしか借り入れすることができないというルールです。

 

年収300万の人の場合では、100万円までしか借りることができないということです。これは、金融業者1社からの借入額ではなく、借入額全部を合わせた金額として計算されます。

 

年収300万円の人がA社から50万円、B社から10万円借りているとすると、後40万円しか借りることができないということになります。

 

専業主婦がお金を借りる場合には、配偶者の収入を示すことで借りることができるカードローンがあります。

 

そのようなカードローンを利用する場合には、配偶者の借入額と合わせて年収の1/3までしか借りることができません。

 

また、50万円以上のお金を借りる場合には収入証明書が必要となりました。

 

総量規制対象外のカードローンってあるの?

色々なカードローンがある中で総量規制対象外のカードローンをも存在します。総量規制は貸金業法で定められています。

 

貸金業法で規制されているのは消費者金融、クレジット会社、信販会社です。これらの会社がカードローンでの貸付を行う際には総量規制の対象となるのです。

 

カードローンの中には、銀行のカードローンがあります。銀行は貸金業法ではなく銀行法を基準としてお金を貸しています。

 

銀行法で運営している銀行のカードローンの場合には、総量規制の対象にはなりません。銀行のカードローンには、年収の1/3までしか借りれないというルールは適用されないのです。

 

ただ、総量規制の対象になってないからと言って、上限なく借りることができるわけではありません。銀行のカードローンの申し込みをした際の審査の状況により、借入限度額が設定されるのです。

 

銀行のカードローンの審査が消費者金融のカードローンよりも厳しいことが多いため、大きな額を借りることができるのかどうかは、その人の属性により判断されることになります。

 

おすすめのカードローンはありますか?

では、総量規制の対象外になっている銀行のカードローンを選んだ方がいいのでしょうか。先ほど説明したように、銀行のカードローンに関しては、審査が厳しくなっています。ただし、審査に通れば借入限度額も大きく、金利も低いためおすすめのカードローンです。

 

もし、どうしても今日中に借りたいなど急いでいる場合なら、消費者金融のカードローンの方がいいでしょう。即日融資に対応しているのは、消費者金融のカードローンの方が多いからです。

 

お金を借りたいと思った時の状況により、銀行のカードローンの方を選んだ方が良いのか消費者金融のカードローン選んだ方が良いのか判断をすればいいと思います。